レビー小体型認知症

レビー小体型認知症』は、1995年に提唱され、国際的に使われるようになった、比較的新しい病名です。 レビー小体型認知症では、認知機能障害に加え、「パーキンソン症状」や現実感のある「幻視」が現れるのが特徴です。 60〜80歳代に多く、まれに40〜50歳代でも発症することがあります。 男性にやや多いともいわれますが、男女差はほとんどありません。
レビー小体型認知症の発症には、遺伝的な要因は少ないと考えられており、危険因子もわかっていません。 認知症の人のうちの10〜30%が、症状などからレビー小体型認知症と診断されています。 神経細胞が変性するタイプの認知症では、「アルツハイマー病」に次いで多いといわれています。
(*本文は下の方にあります)


■「レビー小体型認知症」とは?

3大認知症の一つ。大脳皮質に「レビー小体」ができ、神経細胞が障害されて起こる

『レビー小体型認知症』は、たんぱく質の一種である「レビー小体」が、 脳の大脳皮質などにできて神経細胞を障害することで発症するといわれています。 「レビー小体」とは、もともと脳の神経細胞の中にある「α-シヌクレイン」というたんぱく質が固まったもので、 これができると神経細胞が障害され、さまざまな症状が現れるようになります。 レビー小体は、もともとはパーキンソン病の人の脳に出現することが知られていました。 パーキンソン病は、レビー小体が脳幹部の神経細胞を障害することで起こります。 このレビー小体が大脳皮質などにも出現すると、認知機能が障害され、「レビー小体型認知症」を引き起こします。 「レビー小体型認知症」になると、手足の筋肉がこわばるなどの「パーキンソン症状」が現れることがあり、 幻視などの精神症状の前に、パーキンソン症状だけが出る場合もあります。

「レビー小体型認知症」は、1976年以降の一連の報告で発見された病気ですが、 日本国内では専門家以外にはあまり知られておらず、 アルツハイマー病と間違えられているケースも少なくありませんでした。 しかし最近になって、日本にもたくさんの患者がいることが明らかになってきて、注目を集めています。 「レビー小体型認知症」は、50歳代以降の人に多く発症しますが、まれに若い人に発症するケースもあります。 男性に多く、性格は真面目で几帳面、特に趣味がなく、仕事熱心なタイプによく見られると言われています。