脳トレーニングでボケ防止

脳トレーニングは、認知症・アルツハイマーの進行を妨げたり、 記憶力・運動能力の向上が得られるという研究結果がでています。 脳トレーニングで日常生活で脳に刺激を与えてボケを防止しましょう!!
(*本文は下の方にあります)



■脳トレーニング

脳は、使えば使うほど働きが良くなってゆきます。脳細胞が減ったから記憶が・・・と、よく耳にしますが、 実は大きな間違いであり、脳力は、脳細胞の数で決まることではなく、神経細胞同士の連結数と、 そのネットワークの活発さによって決まります。 毎日同じような生活を続けていると、生活に必要な最低限の神経細胞ネットワークのみが活用され、 他の部分の神経細胞が活用されないため、脳力はどんどん低下していってしまうのです。 新しい脳の刺激を受けにくい環境で生活している方に、記憶力の低下が多く見られるのはこの理由です。 そして、脳トレーニングによって脳に刺激を与えると、そのような脳力の低下を防ぎ、 認知症・アルツハイマーの進行を妨げたり、記憶力・運動能力の向上を得ることができるという研究結果がでています。 脳トレーニングで日常生活で脳に刺激を与えてボケを防止しましょう!!