山伏茸(ヤマブシタケ)【ボケ防止・認知症予防に】

山伏茸(ヤマブシタケ)』には、β-グルカン、食物繊維、アミノ酸が豊富に含まれ、 免疫力強化や活性酸素撃退などに期待されています。 また、山伏茸(ヤマブシタケ)には、脳を元気に保つ成分である「ヘリセノン」と「エルナシン」 という天然素材としてはヤマブシタケにしかない成分も含有しており、 脳血管性認知症やアルツハイマー型認知症に改善効果が期待できることがわかってきたため、 ボケを防止する健脳食品として関心を集めています。
(*本文は下の方にあります)



■山伏茸(ヤマブシタケ)とは?

中国四大珍味の一つで幻のキノコ

『山伏茸(ヤマブシタケ)』は、サンゴハリタケ科のキノコで、クヌギ、クルミ、シイなどの広葉樹の樹幹や 切り株に生え、全体が白っぽいキノコです。白く丸い形が山伏の鈴掛の飾りに似ていることからヤマブシタケと 名づけられたといわれています。傘の外側の先端が針状になっていることから、ハリセンボンとかウサギタケと 呼ぶ地域もあります。中国では古来より幻のキノコとして健康維持に用いられてきました。 山伏茸(ヤマブシタケ)は非常にデリケートなキノコで栽培がむずかしく、手に入れることが難しい貴重なキノコでしたが、 技術の発展により人工栽培が可能になったので、最近では比較的手に入れやすくなりました。

近年、さまざまな研究の結果、ヤマブシタケは脳血管性認知症やアルツハイマー型認知症に改善効果が期待できる ことがわかってきたため、ボケを防止する健脳食品として関心を集めています。


●ヤマブシタケの豊富な栄養成分

ヤマブシタケには、「β-Dグルカン」「ヘリセノン」「エルナシン」などの成分のほか、 必須アミノ酸やビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。

▼β-Dグルカン
ヤマブシタケはアガリクスの2〜3倍もの「β-Dグルカン」を含んでおり、100g中36.1gと非常に多く、 キノコ類の中では一番の含有量です。 そのβ-グルカンは、活性多糖体と呼ばれる成分ですが、ほとんどのキノコには1〜2種類しか存在しませんが、 ヤマブシタケは5種類もの活性多糖体を含んでいます。 つまりさまざまなタイプに対応することができるのです。

▼ヘリセノン・エルナシン
ヤマブシタケには、脳を元気に保つ成分である「ヘリセノン」「エルナシン」が含まれ、 ヘリセノンとエリナシンという物質は、神経細胞成長因子の合成を促進する事が報告されています。 これらはアガリクスには含まれていない成分で「最近物忘れが気になって・・・・・」という方にお勧めです。

▼SOD様値
ヤマブシタケは、体へのさまざまな悪影響が懸念される活性酸素に対してもSOD値8000〜10000単位 という驚異的な値を示しており、免疫力の正常化、活性化に大変役立ちます。

■関連製品